Gmail のデータをエクスポート・インポートすることは可能ですか。

Gmail では、様々な方法でメールデータのエクスポート・インポートが可能です。

▼Gmail からメールデータをエクスポートする

【mbox ファイルにエクスポートする】

メールデータを mbox 形式でダウンロードしてください。

【メールクライアントにエクスポートする】

POP / IMAP 機能使ってメールクライアントにデータをダウンロードすることで、ローカルにデータを保存することが可能です。
ダウンロード後のデータの形式は、ご利用のメールクライアントの仕様をご確認ください。

例えば、Outlook2010 にダウンロードしたデータの場合は、pst ファイルとしてローカルに保存されます。

Outlook2010_f_____t___C__.jpg

【csv ファイルにエクスポートする】

Gmail から CSV ファイルに直接データをエクスポートすることはできませんが、CSV ファイルにエクスポートできるメールクライアント (Outlook 2010 など) も存在いたします。このため、POP / IMAP 機能使って、CSV ファイルにエクスポートが可能なメールクライアントにデータをダウンロードしたあと、メールクライアントの機能を使って CSV ファイルにエクスポートすることで実現が可能です。

例えば、Outlook2010 の場合は、以下の手順で CSV ファイルにエクスポートすることが可能です。

  1. [ファイル] > [開く] > [インポート] をクリックします。
  2. [ファイルにエクスポート] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  3. [テキスト ファイル(Windows、カンマ区切り)] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  4. 任意のデータを選択し、[次へ] をクリックします。
    Outlook2010_t___C___É_G_N_X_____g.jpg
  5. その後のウィザードの案内に従って任意の場所にデータをエクスポートします。

▼Gmail へメールデータをインポートする

【インポート・ダウンロード機能を使う】

Gmail に用意されている機能を使ってメールデータの移動を行います。

【メールクライアントを使う】

あらかじめインポート元のメールデータにメールクライアントでアクセスできる状態としておいてください。(mbox や pst ファイルのデータをインポートしたい場合は、mbox・pst ファイル に対応しているメールクライアントにデータを取り込んでおいてください。)

メールクライアントでインポート元のメールデータにアクセスできることを確認したら、インポート先のアカウントに IMAP 接続し、インポート元のメールデータをインポート先のアカウントにコピーまたは移動します。こうすることで、IMAP 接続を介してインポート先の Gmail アカウントにメールデータをインポートすることが可能となります。

(Outlook2010 の例)

Outlook2010_f_____R_s__.jpg

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。