Google アカウントのデータを別の Google アカウントへ移行する事は可能ですか。

Google アカウント間では、メール、連絡先、カレンダー、ドキュメント、サイトのデータを移行する事が可能でございます。

【メール】

以下のいずれかの方法にてメールデータの移行を行ってください。

▼Gmail のエクスポート・インポート機能を利用する

Gmail のエクスポート・インポート機能を利用してメールを移行することが可能です。
具体的な活用例として下記の方法がございます。

  • 移行元アカウントのデータをメールクライアントに取り込んでおき、移行先アカウントに IMAP 接続してメールデータのコピーまたは移動を行う。
  • Mail Fetcher 機能を利用して移行先アカウントにメールデータをダウンロードする。この方法の場合、その後に移行元アカウントに配信されたメールも移行先で受信するようになりますので、新しいメールの取得が不要な場合・または移行元アカウントを削除する場合は、ダウンロードが完了したら Mail Fetcher の設定は解除してください。

▼データ移行サービスを利用する

データ移行サービスを利用すると、GAMME などのツールをインストールせずに管理コンソールを使ってデータの移行が可能となります。データ移行サービスについての詳細は下記ヘルプ記事をご参照ください。

 ・データ移行サービス

▼GSMME や GSMMO のツールを利用する

G Suite Migration for Microsoft Exchange (GSMME)や G Suite Migration for Microsoft Outlook (GSMMO)のツールをインストールすると、メールの他に連絡先・カレンダーのデータを移行することが可能となります。GSMME や GSMMO についての詳細は下記ヘルプ記事をご参照ください。

 ・Microsoft® Exchange からの移行
 
G Suite Migration for Microsoft Outlook®

【連絡先】

以下の方法にて移行元アカウントの連絡先を CSV 形式でエクスポートし、移行先アカウントにインポートしてください。

 ・Gmail の連絡先のエクスポート
 ・連絡先のインポート
 ・連絡先のインポート エラー

【カレンダー】

▼一部の予定のみを移行したい場合

以下の方法にて予定のオーナー権限を譲渡してください。

 ・予定のオーナー権限を譲渡する

▼カレンダー単位で予定を移行したい場合

以下の方法にて移行元アカウントのカレンダー情報をエクスポートし、移行先アカウントにインポートしてください。

 ・カレンダーをエクスポートする
 ・iCalendar ファイル、CSV ファイルからの予定のインポート
 ・iCalendar ファイルのインポートのトラブル

▼会議室などのリソースカレンダーの管理権限を他のユーザーに譲渡したい場合

以下の方法にて他のユーザーに [変更および共有の管理権限] を付与してください。

 ・特定のユーザーとカレンダーを共有する

【ドキュメント】

移行元アカウントがオーナーとなっているドキュメントのオーナー権限を移行先アカウントに譲渡してください。

【サイト】

移行元アカウントがオーナーとなっているサイトに関しては、以下のヘルプ記事を参考に移行先アカウントと共有し、移行先アカウントをオーナーに変更してください。

 ・サイトへのアクセスを制御する

【その他】

その他のサービスデータの移行については、以下のヘルプ記事をご参照ください。

 ・サービス データの移行 

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。