ユーザーを削除する際に気を付けなければならない点はありますか。

ユーザーの削除については、以下のヘルプ記事に詳細が記載されておりますのでご参照ください。

 ・ユーザーの削除
 ※ Vault サービスをご利用の場合は、こちらもあわせてご参照ください。
 ※ 別途 Postini サービスにてユーザーを管理している場合は、Postini サービスからもユーザーを削除いただく必要がございます。

誤ってユーザーを削除してしまった場合は、ユーザーを復元することが可能となっております。

▼準備

ユーザーを削除すると、ユーザのほとんどのデータが削除されますので、必要な場合は事前に別の Google Apps アカウントへデータを移行することをお勧めいたします。

▼削除したユーザーのデータの扱い

ユーザーAを削除した場合、ユーザーAのデータは以下のようになります。

[削除されるデータ]

  • ユーザーAが受信したメールや登録した連絡先
  • ユーザーAのメインカレンダー
  • ユーザーAがオーナーとなっているドキュメント
  • 主要サービス以外 (YouTube など) のコンテンツ
  • Vault にアーカイブしたデータ

[残るデータ]

  • ユーザーAが作成したサイトページ
    ⇒不要な場合はドメイン管理者が削除可能です。

なお、別のユーザーBが [Myコンタクト] 等の連絡先リストにユーザーAの連絡先を登録している場合は、その連絡先は残ったままとなります。連絡先リストに連絡先が残っていると、オートコンプリートに連絡先が自動で表示されてしまいますので、不要な場合はユーザーBの [Myコンタクト] からユーザーAの連絡先を削除してください。こちらはユーザーB以外にも各ユーザーで実施する必要がございます。

▼削除したメールアドレスの再利用

削除したユーザーのメールアドレスは、新規ユーザー・新規グループ・ニックネームなどに即座に再利用することが可能です。

削除したユーザー宛のメールを引き続きウォッチしたい場合は、以下の方法をご活用ください。

(a) 任意のユーザーのニックネームとして削除したユーザーのメールアドレスを登録する。
  ⇒メール エイリアスをご参照ください。

(b) 削除したユーザーのメールアドレスをグループアドレスとして登録する。
  ⇒削除したユーザーのメールを受信したいユーザーをグループのメンバーとして追加してください。

 

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。