IMAP の開始方法について教えてください。

IMAP を利用すると、Gmail サーバとメールクライアント双方向でメールデータの同期を行うことが可能となります。

 ・IMAP の基本
 ・IMAP に関する問題のトラブルシューティング

IMAP の場合、メールクライアントによる変更についても Gmail サーバーへ反映されてしまいますので、メールのダウンロードのみを行いたい場合は POP をご活用ください。

IMAP を利用するためには、以下の設定が必要となります。

【管理コンソールの設定】

IMAP を利用可能とするため、以下のヘルプ記事を参考に管理コンソールにて IMAP アクセスを有効としておいてください。

 ・IMAP と POP アクセス

【ユーザーの設定】

各ユーザーは、以下のヘルプ記事に記載されている手順に従い、IMAP の設定を実施します。

 ・IMAP と POP3 の開始方法

具体的には以下の手順となります。

  1. Gmail 右上の歯車アイコン > [設定] > [メール転送と POP/IMAP] > [IMAP アクセス] の項目にて、IMAP を有効とします。
    IMAP.jpg
  2. 任意のメールクライアントでアカウントを作成し、サーバーやメールアドレス・パスワードの設定を行います。
    送受信サーバーおよびポートの設定は以下となります。具体的な設定箇所についてはメールクライアントの仕様をご確認ください。
    受信メール(IMAP)サーバー - SSL が必要

    imap.gmail.com
    ポート: 993
    SSL を使用する: はい

    送信メール(SMTP)サーバー - TLS か SSL が必要:

    smtp.gmail.com
    認証を使用: オン(受信メール サーバーと同じ設定を使用する)
    TLS/STARTTLS のポート: 587
    SSL のポート: 465

    (Outlook2010 の場合の設定例)
    IMAP_i_N___C_A___g_j.jpg

※ ヘルプ記事に記載のないメールクライアント (Becky! など) はサポートを提供しておりませんので、予めご了承ください。  

 

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。