SSLに対応しない端末からGMailにメール送信する際の制約とその回避策について

概要

以下のヘルプ記事に記載されたSSLに対応しない端末やアプリケーションを使用してGMailを送信する際の制約について記載します。

 ・プリンタ、スキャナ、アプリケーションからメールを送信する

以下に引用する上記記事の設定を実施いただく事で、SSLに対応しない端末からもGMailを使用する事が可能になります。

ご使用の端末やアプリケーションが SSL に対応していない場合は、ポート 25 で aspmx.l.google.com に接続します。

しかしながら、この設定を使用した際に、SMTPサーバーは認証せずに利用できるものであり、そのため、他のドメインに

メールを送信する際に制約があります。詳しくは以下の検証情報をご確認ください。

検証方法

検証環境として、メールクライアントにAppleのMail(MacOS標準のメーラー)を使用。接続情報は以下の通り

  • サーバー名:aspmx.l.google.com
  • カスタムポート25を使用
  • SSLを使用のチェックを外す
  • 認証は無しを選択
  • Google Appsのメール設定で、ホワイトリストはすべて空欄とする
  • SPFレコードは「SPF レコードの作成」のヘルプ記事に準拠する形で設定

おのおのにメールを送信し結果を確認。

検証結果

結果を下表にまとめます。

送信先 送信可否
同一ドメイン 成功
他ドメイン(Google Apps使用) 成功
GMail(gmail.com) 成功
他ドメイン(Google Apps未使用) 失敗
他ドメイン(携帯電話キャリア) 失敗

上記検証より、メールの送信可能範囲は、Google Appsによって管理されるドメインであると考えられます。

回避策

機器から送信するメールの宛先を、自ドメインに作成したグループにする事で回避する事ができます。このグループに送信したい外部ドメインのメールアドレスをメンバー登録してください。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。