Chrome にログインするとアカウントの切断ができません。

▼Chrome にログインする

Chrome にログインすると、ブックマークやブラウザ設定がアカウントに同期することが可能となります。

 ・Chrome にログインする

▼Chrome からログアウトする

Chrome からログアウトするには、Chrome からアカウントを切断します。

 ・Chrome からログアウトする

しかしながら、Google Apps for Business のアカウントで Chrome にログインした場合は、[Google アカウントを切断] ボタンがグレーアウトされ、切断ができない状態となります。

_A_J_E___g_ð_Ø_f.jpg

Google Apps for Business のアカウントを Chrome から切断するには、以下の方法を実施してください。

【方法1:管理コンソールで制御する】

管理コンソールで制御を行うには、Chrome のポリシーの設定を変更することで対応が可能となります。設定できる Chrome のポリシーについては以下のヘルプ記事に記載がございますが、[セキュリティ] > [エフェメラルモードを適用] の設定にてローカルデータを消去するよう設定を行ってください。

 ・ユーザーの Chrome ポリシーの設定

なお、エフェメラルモードを適用すると、ブラウザを閉じた際に Chrome のユーザーデータが自動で消去されます。このため、Chrome のユーザーを新しく追加してもブラウザを閉じた時点でユーザーが自動で削除されるという動きとなります。

【方法2:ユーザーの端末毎に制御する】

以下の手順にて、Chrome のユーザーを削除することで対応が可能です。

  1. Chrome 右上の三本線 (設定) アイコン > [設定] をクリックます。
  2. 設定画面の [ユーザー] > [新しいユーザーを追加] より、任意のユーザーを作成します。
    chrome_____U___Ç_Á.jpg
  3. Chrome の新しいユーザーで別ウィンドウが表示されますので、Chrome にログインせずに「今回はスキップ」を選択します。
    ___ñ_Í_X_L_b_v.jpg
  4. Chrome の新しいユーザーにて、右上の設定アイコン > [設定] をクリックします。
  5. 設定画面の [ユーザー] より、Chrome にログインしてしまったユーザーを選択し、[削除] ボタンをクリックします。
    chrome_____U___í__.jpg

上記の手順にて Chrome にログインしたユーザーを削除すれば、Chrome にログインしない状態でブラウザの利用が可能です。

▼Chrome のユーザー管理

Google Chrome では複数のユーザーを管理することが可能となっております。

 ・Chrome で複数のユーザーを管理する

2 名以上のユーザーが存在する場合は、Chrome のユーザーアイコンをクリックすることでどのユーザーが Chrome にログインしているのかを確認することが可能となります。Chrome にログインしている場合はログイン中のメールアドレスが表示され、ログインしていない場合は 「ログインしていません」 と表示されます。

chrome_É___O_C__.jpg

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。