別ユーザーの Gmail に代理でアクセスしてメールの閲覧・送信を行うことはできますか。

別ユーザーの Gmail に代理でアクセスできるようにするには、Gmail へのアクセス権の委任機能を利用することで実現が可能でございます。

 ・メールの委任の設定

 ※メールの閲覧は不要で、代理で送信のみを行いたい場合は From を変更する方法もございます。
 ※連絡先を代理で編集したり、カレンダーの予定を代理で作成したりすることも可能です。

▼準備

Gmail へのアクセス権の委任を許可するかどうかは、管理コンソールにて制限が可能となっております。ユーザーの委任機能の利用を許可する場合は、以下の設定を実施してください。

  1. 管理コンソールにログインします。
  2. [Google Apps] > [Gmail] > [ユーザー設定] > [メールの委任] のチェックをオンとします。

▼手順

ユーザーAの Gmail に対してユーザーBが代理でアクセスしたい場合、アクセス権の委任の手順は以下となります。

<ユーザーA : test01>

  1. ユーザーAの Gmail にログインし、右上の歯車アイコン > [設定] を選択します。
  2. [アカウント] タブにて [アカウントへのアクセスを許可] > [別のアカウントを追加] をクリックします。
    _Ê_Ì_A_J_E___g_ð_Ç_Á.jpg
  3. 表示されたダイアログにてユーザーBのメールアドレスを入力して [次のステップ] ボタンをクリックし、確認メッセージに問題がなければ [メールを送信してアクセスを許可] をクリックします。

※ ユーザーAが指定できる代理人の数は最大で 25 人です。

<ユーザーB : test02> (代理人)

  1. 「〇〇から△△へのアクセス権が付与されました。承認しますか?拒否しますか?」という件名で、ユーザーAへのアクセスが許可されたことを知らせる通知メールがユーザーBに届いていることを確認します。
  2. 通知メールに記載されている承諾用のリンクをクリックして承諾します。
  3. 手続きが完了するまで最大で 30 分程度待機し、ユーザーBの Gmail の画面更新を行います。
  4. 設定が完了すると、ユーザーBの Gmail 右上のメールアドレス (またはアイコン) をクリックした際にユーザーAが(代理)という形で表示されますので、こちらをクリックします。
    _ã___A_J_E___g.jpg
  5. 別タブでユーザーAの Gmail が閲覧できることを確認したら、こちらの画面にて代理で操作を行います。

※ ユーザーBが代理アクセスできる人数は最大で 512 人です。

▼確認

代理送信したメールを受信者が閲覧した場合は、送信者 (ユーザーA) の右隣に「送信元」として代理人 (ユーザーB) のアドレスが表示され、代理で送信されたことが確認できるようになっております。

_ã_____M.jpg

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。