グループのウェブ利用をドメイン内に制限することはできますか。

ビジネス向け Google グループ を有効としている場合、下記の URL にアクセスすることでグループ宛のメッセージをウェブ UI 上から確認することが可能となります。
http://groups.google.com/a/{ご契約ドメイン名}
※ {ご契約ドメイン名} の部分を対象のドメインに置き換えてください。

▼グループのウェブ利用をドメイン内に制限する

グループのウェブ UI については、下記の手順でドメイン内に制限することが可能です。

  1. 管理コンソールにログインします。
  2. [Google Apps] > [ビジネス向け Google グループ] > [共有設定] をクリックします。
  3. [共有オプション] > [このドメイン外 - グループへのアクセス] にて [限定公開] を選択します。
    ⇒共有オプションの詳細については「ビジネス向け Google グループ の共有オプションの設定」のヘルプ記事をご参照ください。
    _O_____v_Ö_Ì_A_N_Z_X.jpg

グループへのアクセスを [限定公開] とした場合は、外部ドメインのユーザーがグループのウェブ UI にアクセスしようとしても、承認済みのアカウントでログインするよう促されるため、アクセスすることができません。

なお、ウェブの利用をドメイン内に制限したとしても、グループ宛のメール投稿は可能となっております。メール投稿についても制限を行いたい場合は、こちらの FAQ の記事を参考に投稿権限の設定を行ってください。

▼グループのウェブ利用をインターネットで一般公開とした場合

グループへのアクセスを [インターネットで一般公開] とした場合は、下記の手順にてトピックを一般公開することで、グループ宛のメッセージの閲覧が誰でも可能となります。グループ宛のメールに機密情報などが含まれている場合は、トピックは一般公開としない事をお勧めいたします。

  1. グループの管理画面にアクセスします。
  2. 左メニューの [権限] > [基本的な権限] > [トピックを表示] にて [一般公開] を選択します。
    __.jpg
    ※ グループのウェブ利用をドメイン内に制限している場合は [一般公開] は選択できません。

また、[トピックを表示] を一般公開としていない場合でも、ディレクトリへの表示を許可している場合はグループの検索は可能となります(グループの名称やアドレスが確認できてしまいます)。このため、グループの存在を公開したくないは、ディレクトリへの表示についても許可しないようにしてください。グループの検索についての詳細はこちらの FAQ の記事にまとめておりますのであわせてご参照ください。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。