カレンダーについて外部ユーザーとの共有を制限することはできますか。

外部ユーザーとのカレンダー共有可否については、以下の手順で設定を行うことが可能です。

  1. Google カレンダーにアクセスします。
  2. [マイカレンダー] や [他のカレンダー] より対象のカレンダーにカーソルを当て、右端に表示される下三角ボタンより [このカレンダーを共有] をクリックします。
  3. 表示された画面にて、[このカレンダーを一般公開する] のチェックにて共有可否の設定を行います。
    ___Ì_J_________ð_ê_Ê_ö_J___é_R.jpg
    チェックオン

    ドメイン外のユーザーと共有が可能となります。一般公開に関する詳細は下記ヘルプ記事をご参照ください。

     ・カレンダーを一般公開する

    チェックオフ

    ドメイン外のユーザーはカレンダーにアクセスすることができません。
    デフォルトではチェックオフとなります。

  4. または、[特定のユーザーと共有] 欄にて特定の外部ユーザーに対して任意の権限を付与することも可能です。
    _Á_è_Ì_____U___Æ___L.jpg

▼メインカレンダーの外部共有レベルについて

ドメイン外の外部ユーザーとメインカレンダーを共有した際に、ユーザーに付与できる権限を制限することが可能となっております。

 ・カレンダー共有オプションを設定する

手順について以下に記載いたします。

  1. 管理コンソールにログインします。
  2. [Google Apps] > [カレンダー] > [共有設定] をクリックし、任意の組織を選択します。
  3. [メイン カレンダーの外部共有オプション] にて共有レベルを設定します。
    ___C___J_________Ì_O_____L_I_v_V____.jpg

    空き時間情報のみ(予定の詳細は非表示)

    [このカレンダーを一般公開する] : 「予定の時間枠のみを表示(詳細を非表示)」 の権限のみが選択できます。

    �±�Ì�J�����_�[�ð�ê�Ê�ö�J�·�é�Q.jpg

    [特定のユーザーと共有] : 外部ドメインのユーザーに対して「予定の時間枠のみを表示(詳細を非表示)」 の権限のみが選択できます。

    _è_Ì___Ô_g_Ì_Ý_j.jpg

    情報はすべて共有されますが、外部のユーザーはカレンダーを変更できません

    [このカレンダーを一般公開する] : 閲覧権限が選択できるようになります。

    �±�Ì�J�����_�[�ð�ê�Ê�ö�J�·�é.jpg
    [特定のユーザーと共有] : 外部ドメインのユーザーに対して閲覧権限が選択できるようになります。

    すべての情報を共有

    [このカレンダーを一般公開する] : 閲覧権限が選択できるようになります。
    [特定のユーザーと共有] : 外部ドメインのユーザーに対して「予定の変更権限」が選択できるようになります。

    _è_Ì_Ï_X_j.jpg

    すべての情報を共有し、カレンダーを管理できます

    [このカレンダーを一般公開する] : 閲覧権限が選択できるようになります。
    [特定のユーザーと共有] : 外部ドメインのユーザーに対して「変更および共有の管理権限」が選択できるようになります。

    _Á_è_Ì_____U___Æ___L_i_Ï_X___æ_Ñ___L_j.jpg 

▼予備カレンダーの外部共有レベルについて

予備カレンダーについても、同様にドメイン外のユーザーに付与できる権限を制限することが可能となっております。

手順について以下に記載いたします。

  1. 管理コンソールにログインします。
  2. [Google Apps] > [カレンダー] > [全般設定] をクリックします。
  3. [予備カレンダーの外部共有オプション] にて共有レベルを設定します。
    _õ_J_________Ì_O_____L_I_v_V____.jpg
    ※ 共有レベルの詳細についてはメインカレンダーと同様となります。
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。