別ユーザーの連絡先に代理でアクセスして連絡先の閲覧・編集を行うことはできますか。

別ユーザーの連絡先に代理でアクセスできるようにするには、連絡先へのアクセス権の委任機能を利用することで実現が可能でございます。

 ・連絡先の委任

 ※メールを代理で送信したり、カレンダーの予定を代理で作成したりすることも可能となっております。

▼準備

連絡先へのアクセス権の委任を許可するには、下記の設定が有効となっている必要がございます。

  1. 管理コンソールにログインします。
  2. [Google Apps] > [連絡先] > [共有設定] > [連絡先の共有] > [連絡先の共有を無効にする] のチェックをオンとします。

詳細については下記ヘルプ記事をご参照ください。

 ・ディレクトリの設定を変更して連絡先を共有する

▼手順

ユーザーAの連絡先に対してユーザーBが代理でアクセスしたい場合、アクセス権の委任の手順は以下となります。

<ユーザーA>

  1. 連絡先画面にアクセスします。
  2. 委任アクセスを許可したい連絡先を [Myコンタクト] に登録しておきます。
  3. 上部の [その他] ボタンをクリックし、[委任の設定を管理する] を選択します。
    _ϔC__ݒ___Ǘ_____.jpg
  4. 表示された共有設定ダイアログにてユーザーBのメールアドレスを入力して共有します。

※ ユーザーAが指定できる代理人の数は最大で 25 人です。

<ユーザーB> (代理人)

  1. 連絡先画面にアクセスします。
  2. [委任した連絡先] 欄に表示されている委任元のユーザーをクリックすることで、そのユーザーの [Myコンタクト] に登録されている連絡先が閲覧・編集できることを確認します。
    _ϔC_____A____.jpg

※ [委任した連絡先] に表示されている連絡先は、ユーザーBのオートコンプリート機能には影響しません。[委任した連絡先] でユーザーBが代理で編集した連絡先は、委任元のオートコンプリート機能に適用されます。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。