Postini サービスの新規販売終了と Vault への移行について(移行時期未定)

Google より Postini サービスの移行について情報が入りましたのでご報告いたします。

Postini サービスは、今後 Google Apps のオプションである Vault へと移行していくこととなります。
まだ具体的なアーカイブのマイグレーションの計画や手順が明確化されておりませんが、現時点での大きな方向性についてお伝えさせていただきます。

 ・Postini の機能が、Google Apps (Vault) に移行します。
  (機能の大半は既に Google Apps に存在しております。)

 ・Postini を利用しているのと同様に、同じ価格にて、Google Apps をお客様のオンプレミス型のメールサーバーと使うことが可能です。

 ・Google は今回の移行をお手伝いできる資料等を提供します。

 ・全ての Postini のお客様は、これから 12 ヶ月 ~ 18 ヶ月の間に Google Apps のインフラストラクチャに移行します。(個別案件に関して別途ご相談)

 ・お客様の実際の移行タイムラインは、お客様のコンフィギュレーションとどの Postini サービスを利用しているかに依存します。
  この移行は、お客様のタイミングで、メールの中断無しに Google Apps を利用することを可能にします。

 ・Postini サービスの新規販売は停止いたします。

 ・Google Apps (Vault) への移行完了までは、Google Postini サービスのアカウント追加は可能です。

<2012/11/30 更新情報>

[既存のお客様の新プロダクトへの移行について]

具体的な移行時期について、現時点では 2013 年頃を予定しておりますが、変更・延期される可能性もございますので、正式な日程が決まり次第再度ご連絡させていただきます。

なお、対象となるお客様には移行の 60~90 日前に通知が届き、移行方法をお知らせする予定となっておりますので、Google 社からの連絡をお待ちください。
また、変更移行のタイミングとなりますと、お客様の Postini Admin Console 画面上に、移行を実施するためのボタンが表示される予定となっておりますので、90 日以内での実行をお願いいたします。90 日が経過しますと自動的に移行が実行されます。

移行対象となるデータは以下の予定となっており、全てのデータが移行されるわけではございません。

 ・Postini 上の Orgs, Users、Catchall アドレスを Google Apps 上にコピー

 ・アーカイブメッセージの移行

 ・Postini 上の設定を移行(移行可能な設定は下記)

  - Delivery Manager設定
  - Spam設定(QSum delivery, Org ASLs)
  - ユーザ設定(Approved/Blocked senders)
  - Content Manager 設定
  - Attachment Manager 設定
  - TLS設定
  - コンプライアンスフッター

その他詳細に関しましては以下の URL をご確認ください。

 ・Postini Services を Google Apps プラットフォームに移行します
 ・Postini Transition Resource Center (英語)
 ・Overview: Postini Transition to Google Apps (英語)

[提供価格について]

提供価格については、既存の Postini にお支払い頂いている料金のまま提供をいたします。
また、アーカイブを保全すべき退職者等の扱いに付きましても Postini 同様、Postini の既存顧客に限り追加でのコストなくご利用頂けます。

[その他]

Vault をご利用頂きますと、アーカイブデータのマルチバイト検索が可能となります。
Postini から Vault へ移行頂いたお客様に関しましては、退職者のデータ保全に対しコストは発生致しません。
Vault の管理画面等は 28 の言語に対応しており、日本語での表示も可能となります。

<2013/11/20 更新>

今年中を目標として進んでいたGoogle Apps Vaultへの移行は延期されました。現時点では早くても2014年1月以降の予定です。詳細な日程に関する情報が得られ次第、このトピックを更新いたします。

Googleからの情報は、上でご案内している、Postini Transition Resource Centerにて公開されます。また、日本語の情報は、同じく、上でご案内しているPostini Services を Google Apps プラットフォームに移行しますで公開しております。それぞれ、延期についての情報は記載されていませんが、更新情報の準備を進めている状態です。今後もこれらのページを合わせてご確認ください。

<2014/4/14 更新>

Postini の移行について、日本語のガイドが作成されましたので以下にご報告いたします。

 ・Postini 移行ガイド
 ・移行の前に
 ・移行後

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

1 コメント

  • 0
    Avatar
    OYAMA

    Postini の移行について、日本語のガイドが作成されましたのでご報告いたします。

記事コメントは受け付けていません。