Google Apps Vaultでデータ保全をしているGoogle Appsのアカウント管理をGluegentGateで行っている場合の注意点

Gluegent Gateを使用している場合、Gluegent Gateからユーザーを削除すると、Gateの同期機能によって、Google Appsからアカウントが削除されます。Gateからユーザーを削除するタイミングとしては、そのユーザーが退職した場合などが考えられます。

Google Apps Vaultを有効にしたGoogle Appsからアカウントを削除する際にGoogle Helpにて以下の注意喚起が掲載されていますので、以下の点についてご注意ください。

  • 削除対象となるユーザーのメールデータが今後閲覧できなくなっても良いかについて確認してください
  • メールデータを保持する期間について組織内に規約があるか十分ご確認ください

http://support.google.com/vault/bin/answer.py?hl=en&answer=2736622&topic=2462776&ctx=topic

Preserving data for users who leave your organization

If a user leaves your organization and you want to continue preserving that user's data in Google Apps Vault, a Google Apps administrator should suspend the user's account. Email data is preserved for a suspended account, but the account can receive no new mail. Note that suspended accounts are billed the same as active accounts.

Do not delete the account. If you delete a user, you also delete that user's Vault archive.

以下に和訳を示します。

あなたの組織からいなくなるユーザーのデータ保持について

ユーザーがあなたの組織から去り、Google Apps Vaultに保存されたそのユーザーのデータを保持したい時、Google Apps管理者は、ユーザーアカウントを停止すべきです。停止されたアカウントのメールデータは保持されますが、新しいメールは受信することはできなくなります。停止ユーザーアカウントはアクティブユーザーを同様に課金されることに注意してください。

アカウントを削除しないでください。もしユーザーを削除したら、そのユーザーのVault archiveも削除することになります

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。