SSL v3.0に関する脆弱性(CVE-2014-3566)に対応しました

古いバージョンのSSLプロトコル SSL v3.0に新しい脆弱性が発見されております。SSL v3.0を使って通信をした場合、通信経路上で不正に通信内容を傍受される危険性があります。

SSL 3.0 の脆弱性対策について(CVE-2014-3566)

Gluegent Gateでは、この脆弱性の発見に対応し、セキュアでないプロトコル SSL v3.0を無効化いたしました。

ご利用できていた端末でアクセスができなくなっている場合は、この無効化の影響が考えられます。ご利用の端末、あるいはご利用のブラウザのセキュアプロトコルの対応状況をご確認ください。

TLS v1に対応している場合は、SSL v3.0無効後もご利用可能です。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。