代理で処理はできますか?

Q.申請→承認→決裁のような経路で承認者が休暇のためタスクが進められない場合、決裁者が代理で承認したい。

A.決裁者が代理で承認をすることはできませんが、ワークフロー管理者(g-workflow-adminグループのメンバー)とGluegent Appsの特権管理者権限を持つユーザーが代理で承認をすることは可能です。

1.Gluegent Flowのトップ画面より右上歯車マークの「設定」をクリックします。

2.「申請データ一覧」をクリックします。

3. 検索条件を設定し、対象のタスクを検索します。

4.一覧表から対象のタスクをクリックします。

5.「代理で現在のタスクを処理する」をクリックします。

代理で処理した場合、タスクの履歴で担当者欄には「代理人(担当者)」と表現されます。

山田太郎さんが田中花子さんの代わりに承認した場合は「山田太郎(田中花子)」となります。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。