メールアドレスを変更した場合、過去に申請したタスクはどうなりますか

Gluegent Flow ではメールアドレスを変更しますと、変更前のメールアドレスで申請したタスクは閲覧できなくなります。

また、変更前のメールアドレスで担当者として登録されていた経路は処理ができなくなります。

以下の方法で対応を行ってください。

◯方法1 管理者による代理処理

  1. Gluegent Flow 管理者にて Gluegent Flow にログインします。
  2. 画面右上のギアアイコンをクリックし「設定」をクリックします。
  3. 「申請データ一覧」をクリックします。
  4. 対象のデータを検索し、一覧に表示されたデータをクリックします。
  5. 「代理で現在のタスクを処理する」をクリックします。
  6. 代理で処理を実行します。

◯方法2 管理者による閲覧権限の付与

  1. Gluegent Flow 管理者にて Gluegent Flow にログインします。
  2. 画面右上のギアアイコンをクリックし「設定」をクリックします。
  3. 「申請データ一覧」をクリックします。
  4. 対象のデータを検索し、一覧に表示されたデータをクリックします。
  5. 参照を許可するメンバーの「対象者を追加」をクリックします。
  6. グループ選択パネルから対象者(変更後のメールアドレス)を選択し「OK」をクリックします。
  7. 「この内容で登録する」をクリックします。

◯方法3 変更前のメールアドレスをグループにする

  1. Google Apps の管理コンソールにて対象のユーザーを検索します。
  2. ユーザーの詳細画面の「アカウント」をクリックします。
  3. 「エイリアス」に登録されている変更前のメールアドレスの「削除」をクリックし、「保存」をクリックします。
  4. 管理コンソールの「グループ」をクリックします。
  5. 変更前のメールアドレスのグループを作成します。
    ※社外ドメインからのメールを受け取れるよう設定してください。
    ※3 〜 5 までの間は変更前のメールアドレス宛のメールが受け取れなくなります。
  6. メンバーに現在のメールアドレスを追加します。
  7. グループキャッシュの更新後、上記変更が Gluegent Flow に反映されます。

※ この方法では自身が申請したものは閲覧できませんが、自身が処理したもの、これから処理すべきものは確認でき、処理が実行できます。

 

なお、各申請モデルの経路で担当者として登録されているメールアドレスやロールに登録されているメールアドレスは Google Apps 側のメールアドレスの変更が反映されません。メールアドレス変更後はこちらの修正も合わせて行ってください。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。