Gluegent Apps グループスケジューラでオーダーシートの参照者を変更する手順

Gluegent Apps グループスケジューラでは、オーダーシートをご利用頂き、ユーザーの表示順序や表示名を変更する事ができます。しかし、オーダーシート参照者に設定されたユーザーが、オーダーシートの閲覧権限を持っていない場合、オーダーシートの変更が正常に反映されなくなります。

オーダーシートを修正したにもかかわらず、変更が反映されない場合は、以下の手順に従い、オーダーシートの参照者をご確認ください。

  1. Google Appsに管理者アカウントにてログイン
    「 https://admin.google.com 」にアクセスしてください 
  2. アプリ(Google 画面右上の■が9つのアイコン)をクリックし、「もっと見る」からグループスケジューラを選択
    グループスケジューラは「Gluegent Scheduler」という様に表示されています
  3. 画面右上の歯車マークをクリックし、「設定」をクリック
    設定画面が開き、左上に「グループスケジューラ」、「ドメイン共通」という二つのタブが表示されます
  4. 「ドメイン共通」をクリック 
  5. グループスケジューラの「オーダーシート参照者」に設定されたユーザーアカウントが、「現在有効なオーダーシート」に設定されたスプレッドシートに対する参照権限を持っているかをご確認下さい

上記手順を実施頂き、オーダーシート参照者に設定されたアカウントにスプレッドシートに対する参照権限がない場合、以下のいずれかの手順にて復旧する事が可能です。

  • オーダーシート参照者に設定されたアカウントに対してスプレッドシートの参照権限を付与する
  • オーダーシート参照者をスプレッドシート参照権限をもったアカウントに変更する

本記事では、後者の手段にて復旧する手順をご案内致します。なお、オーダーシート参照者に設定するアカウントは、以下の手順にて設定する為、特権管理者アカウントをご利用ください。

  1. Google Appsにオーダーシート参照者に設定したい管理者アカウントにてログイン
  2. アプリ(Google 画面右上の■が9つのアイコン)をクリックし、「もっと見る」からグループスケジューラを選択
  3. 画面右上の「設定」をクリック
  4. 「ドメイン共通」をクリック
  5. オーダーシート参照者右の「自身に設定」チェックボックスがチェックされている事を確認し、「保存」をクリック
    このようにする事で、オーダーシート参照者が 想定されたアカウントに変更されます

なお、スプレッドシートの共有権限の確認は、以下の記事を参照願います。

http://support.google.com/drive/bin/answer.py?hl=ja&answer=2494886

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。