共有アドレス帳 / グループスケジューラ / Gluegent Flow でグループやメンバーを表示させる手順

共有アドレス帳 / グループスケジューラ / Gluegent Flow には 3 つのルートグループを設定する画面があります。

ルートグループとは、Gluegent Apps が組織構造を把握する際の起点として利用する Google のグループの事であり、下の図の「全社」がこれにあたります。

structure.png

G Suite で、それぞれの組織に該当するグループ(全社、営業部、総務部、営業1課、営業2課、経理課)を作成します。

グループを作成したら、階層構造を作るために、各グループに下位組織に当たるグループをメンバーとして登録します。

上記の例では、

 全社グループのメンバーは営業部、総務部

 営業部グループのメンバーは営業1課、営業2課

 総務部グループのメンバーは経理部

各ユーザーを所属部署に合わせてメンバーとして登録します。

 営業部に部長としてAさん、秘書としてBさん

 営業1課にEさん、Hさん

のように登録します。

 

G Suite のグループについては以下のヘルプ記事を参照して下さい。

 

こうして、作成した組織ツリーのルートとなる全社グループを共有アドレス帳 / グループスケジューラ / Gluegent Flow の管理画面でルートグループに設定します。

※この作業は G Suite の特権管理者権限を持つユーザーで行なって下さい。

◯共有アドレス帳の管理画面

  1.  Gmail などからアプリ(Google 画面右上の■が 9 つのアイコン)をクリックし、「もっと見る」をクリックします。
  2. 「Gluegent Addressbook」をクリックします。
  3. 画面右上のギアアイコンをクリックし、「ドメイン設定」をクリックします。
  4. 設定画面が開きます。

 

◯グループスケジューラの管理画面

  1. Gmail などからアプリ(Google 画面右上の■が9つのアイコン)をクリックし、「もっと見る」をクリックします。
  2. 「Gluegent Scheduler」をクリックします。
  3. 画面右上のギアアイコンをクリックし、「設定」をクリックします。
  4. 設定画面が開きますので、「ドメイン共通」をクリックします。

 

◯Gluegent Flow の管理画面

  1. Gmail などからアプリ(Google 画面右上の■が9つのアイコン)をクリックし、「もっと見る」をクリックします。
  2. 「Gluegent Flow」をクリックします。
  3. 画面右上のギアアイコンをクリックし、「ドメインの設定」をクリックします。
  4. 設定画面が開きます。

 

ルートグループに登録したグループが共有アドレス帳 / グループスケジューラ / Gluegent Flow に反映されるのは毎朝 4 時から開始されるグループキャッシュの更新後となります。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。