インストールに使用した特権管理者ユーザーを削除するときの操作

Gluegent Apps 共有アドレス帳、グループスケジューラ及び Gluegent Flow のインストールに使用した特権管理者ユーザーを削除する場合は、以下の操作を必ず実施して下さい。

各アプリケーションの設定

各アプリケーションの設定画面で「オーダーシート参照者」を別の特権管理者ユーザーに移管する必要があります。

ご利用いただいている全てのアプリケーションで下記の操作を実行してください。

Gluegent Apps 共有アドレス帳の場合

  1. インストールに使用したユーザーとは違う特権管理者ユーザーで Google にログインします。
  2. アプリ(Google 画面右上の■が 9 つのアイコン)をクリックし、「もっと見る」から「Gluegent Addressbook」をクリックします。
  3. オーダーシート参照者の「自身に設定」のチェックを ON にし、「設定を保存する」ボタンをクリックします。

 

Gluegent Apps グループスケジューラの場合

  1. インストールに使用したユーザーとは違う特権管理者ユーザーで Google にログインします。
  2. アプリ(Google 画面右上の■が 9 つのアイコン)をクリックし、「もっと見る」から「Gluegent Scheduler」をクリックします。
  3. 画面右上の歯車マークをクリックし、「設定」をクリックします。
  4. 「ドメイン共通」をクリックします。
  5. オーダーシート参照者の「自身に設定」のチェックを ON にし、「設定を保存する」ボタンをクリックします。

 

Gluegent Flowの場合

  1. インストールに使用したユーザーとは違う特権管理者ユーザーで Google にログインします。
  2. アプリ(Google 画面右上の■が 9 つのアイコン)をクリックし、「もっと見る」から「Gluegent Flow (Workflow)」をクリックします。
  3. 画面右上の歯車マークをクリックし、「ドメインの設定」をクリックします。
  4. オーダーシート参照者の「自身に設定」のチェックを ON にし、「設定を保存する」ボタンをクリックします。

 

オーダーシートの設定

  1. インストールに使用したユーザーとは違う特権管理者ユーザーで Google の管理コンソールにログインします。
  2. 「Google Apps」をクリックします。
  3. 「ドライブ」をクリックします。
  4. 「オーナー権限を譲渡」をクリックします。
  5. 「現在のオーナー」にインストールに使用したユーザー、「新しいオーナー」に 1 でログインしたユーザーを入力し、「ドキュメントを譲渡」をクリックします。

 

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。