Chromeと従来のブラウザの併用が容易になります

従来のブラウザ環境に依存する社内アプリケーションがある場合、これまでは「そのまま従来のブラウザを使い続ける」、「Google Chrome と従来のブラウザを利用するWebサイトによって使い分ける」、「Chrome Frame を使う」という選択肢がありましたが、新たなオプション「Legacy Browser Support (レガシーブラウザサポート)」が提供されました。

古いウェブ アプリをお使いの場合

Legacy Browser Support (以下、LBS) は、代替ブラウザでアクセスするサイトを管理者が指定することにより、Chrome での表示に対応していないサイトについては自動的に Internet Explorer (IE) を使用して表示することができます。Chrome extension と IE プラグインを提供します。

また、Chrome Frame は、オープンソースコミュニティで開発されているためサポート対象外でしたが、LBS はサポート対象サービスとなります。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。