Google Chrome 40 へのアップグレード時の注意事項

Googleより、今月末に予定されている Chrome 40へのアップグレードに関して注意事項の連絡がありましたのでご案内いたします。

Chrome の自動更新を有効にしている場合には、下記内容による影響はございません。

Chrome のバージョン 36 もしくはそれより古いバージョンをご利用の場合には、2015 年 1 月にリリース予定の Chrome 40 にアップグレードする前に、現在の Chrome の stable version (38 もしくは 39) にアップグレードしてください。

多くの場合、通常 6 週間毎に自動でアップグレードされますが、自動アップグレードしておらず、Chrome 36 以下のバージョンから Chrome 40 に直接アップグレードした場合には下記が確認されておりますのでご注意ください:

・ユーザーが Chrome のバージョン 33 もしくはそれ以下のバージョンからバージョン 40 に直接アップグレードした場合、そのユーザーが以前設定していた Chrome のいくつかの設定が失われます。ポリシーの設定は影響ありません。

・ユーザーが Chrome のバージョン 34, 35, 36 のいずれかからバージョン 40 にアップグレードした場合、そのユーザーが以前設定していた Chrome のいくつかの設定を失う可能性があります。ポリシーの設定は影響ありません。

Chrome バージョン 40 のリリースの前に現在の Chrome stable バージョンにアップグレードするよう、お願いいたします。

この案内後に追加として以下の情報を得ております。

  • リリースタイミングは2015年1月末。
  • アップグレードによって、失われる設定についての細かい内容は不明。

さらに情報が得られ次第、この記事を更新します。

<2015 01 22 更新>

Stable ChannelにChrome 40がリリースされています。アップグレードにはご注意ください。

http://googlechromereleases.blogspot.jp/2015/01/stable-update.html

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

1 コメント

記事コメントは受け付けていません。