カレンダーについて:カレンダーリソースの名前と実際に表示される名前が合わない

ドメインユーザーが自身のGoogleカレンダー上で名前を変更したと考えられます。

詳細

G Suiteのカレンダーリソース名は作成時の初期値でしかありません。
Googleカレンダー上でドメインユーザーのどなたかが一度名前を変更するとそれがカレンダーリソース名として表示されるようになります。
以降はドメイン管理画面内でカレンダーリソース名を変更しても反映されません。

カレンダーリソース名を変更するには、同様にGoogleカレンダー上でリソースの変更権限があるどなたかが名前を変更する必要があります。次の手順を行ってください。

 

1.リソースの変更権限があるユーザーにて、Googleカレンダー上の「リソースのブラウジング」から対象のリソースを追加します。 ※既に追加済みの場合は手順 3. から操作ください。

  360000172241_1_1_.png

 

2.リソース一覧より、対象のリソースをチェックします。(これによりリソースカレンダーが追加されます)

  360000172241_2__1_.png

 

3.リソースの変更権限があるユーザーの Google カレンダーより、対象のリソースの「設定と共有」をクリックします。

  360000172241_3.png

 

4.カレンダーの設定の「名前」を変更します。

  360000172241_4.png

 

上記手順の実施後から、カレンダーガジェットに変更結果の名前が表示されるようになります。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。