【Postini 移行】 Postini 移行開始後のユーザーへのライセンスの付与について

※ 本件は Postini をご利用であり、既に移行が開始されたユーザー様向けのご案内となります。

 

これまでユーザーを作成しますと、自動的に Google Apps の利用が可能となっておりましたが、移行が開始しますとライセンスを手動にて付与いただく必要がございます。

ただし、こちらはお客様にて再度自動割り当てが有効となるよう設定いただくことが可能となっております。

 

ライセンスが割り当てられていない状態では、新規作成されたユーザーは Google Apps の各機能をご利用することができません。

以下のヘルプの [アカウントのすべてのユーザーにライセンスを割り当てる] を参照いただき、 Google Apps に対して自動的にライセンスを付与する設定に変更をお願いします。

 サービス ライセンスをユーザーに割り当てる
  https://support.google.com/a/answer/1727173

また、すべてのユーザーに Vault ライセンスを自動的に割り当てる場合、Vault に対しても同様に設定をお願いいたします。

 

なお、一部のユーザーをアーカイブ対象とする場合に関しては、上記ヘルプの [個別にライセンスを割り当てる ] をご参照いただき、Vault ライセンスの付与を行ってください。

Postini 移行前から登録のあるユーザーにつきましては、既にライセンスが付与された状態となっておりますので、ご対応いただく必要はございません。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。