【解消】Goole Chrome 37 へアップデート後の不具合について

【現象】

2014年8月27日 頃から、Goole Chrome 37  へのアップデート後、ブザウザにて日本語部分が表示されない。

 

<8/27 更新>

Google Chrome の DirectWrite の設定を変更することで事象が回避できる事例があるとの報告がございました。

恐れ入りますが、以下の手順にて改善されるか、お試しいただけますようお願いいたします。

【回避策】

1. Google Chrome の URL 欄に、chrome://flags を入力してアクセス。
2. 試験運用機能一覧が表示される為、DirectWrite を確認する。
3. DirectWrite を有効、または無効に変更して再起動を実施。

表示をご確認ください。

(設定変更後、Chromeの画面左下に「今すぐ再起動」のボタンが表示されます)

 

なお、根本的な現象の原因については、引き続き Google にて調査を行っております。

お客様にはご不便をお掛けしておりますこと、深くお詫び申し上げます。

 

<8/29 更新>

Google より、不具合が修正された最新バージョンのリリースが完了したとの報告がございましので、ご連絡いたします。

最新バージョン:Google Chrome 37.0.2062.102m

<参考情報(英語):Chrome Releases>
 http://googlechromereleases.blogspot.jp/2014/08/stable-channel-update_28.html

Chromeで文字が表示されない問題
 https://support.google.com/chrome/answer/6085690?hl=ja

 

本現象によりご不便をお掛けいたしましたこと、深くお詫び申し上げます。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

2 コメント

  • 0
    Avatar
    HOZOMI

    Google より回避策の報告がございましたので、ご連絡いたします。

  • 0
    Avatar
    HOZOMI

    Google より不具合が修正された最新バージョンのリリースが完了したとの報告がございましので、ご連絡いたします。

記事コメントは受け付けていません。